正月から高熱!!

息子、三が日から高熱・・・。母として情けなくなります。人混みには連れて行くまいと、年末年始はかなり大人しく家に引きこもり義実家へ元旦に挨拶に行った程度。後は・・・いつものスーパーへ食材調達と、バスに少し乗車した程度。冬は、どう気を付けていてもウイルスが飛び回りどこかしらで風邪やインフルエンザに感染しちゃうものですよね。私や夫が感染しているならまだしも、1歳になったばかりの息子が高熱を出しグッタリしている姿を見るのは親として本当に心が痛みます。

生後10ヶ月の頃から何度か発熱は経験済。生まれて初めての発熱の時は、前例がなく一人目という事もあり私もあたふたしっぱなしでした。子供は本当によく発熱をしますよね。数を重ねるうちに、私も度胸がついたと言いますか慣れたと言いますか、冷静に看病ができるようになってきたと思っています。しかし、今回は41度!体温計を見た瞬間、叩き出された数字にビックリしました。こんな体温、見た事がないと。幸いにも、食欲はあり水分補給もしっかり出来ています。

お正月はどこの小児科もお休み。以前、ヘルパンギーナになった際に多めに処方して貰った坐薬が非常に役立ちました。解熱剤の常備は大切ですね。改めて感じました。なかなか寝付けず辛く涙する息子。明日にはしっかり熱も下がって元気な笑顔を見せて欲しいです。

ダイヤモンドピザ&カフェ

岡山県倉敷市セガワールドの敷地内にあるダイヤモンドピザ&カフェに行きました。

こちらのお店ではパンケーキセットとか種類豊富なピザがオススメですが自家製フレッシュバナナジュースをオーダーしました。

透き通るようなミキサーで絞ったバナナの味が口いっぱいに広がります。ボリュームもあるし300円というリーズナブルなお値段で飲めるので人気も高いです。
店内はイタリアン風なBGMが流れていて、若い女性スタッフさんがおりました。

またテーブル席には何処かのサラリーマンが熱いトークを繰り広げています。

次回ここに来るなら食べてみたいメニューがあります。それはピザランチ926円です。
ピザのタイプがいろいろ選べます。お好きなドリンクがカフェラテとかフレッシュパッションフルーツジュースとかから選べます。

15品目のサラダがついてきます。サニーレタスとか、レッドオニオンとか赤パプリカとか野菜もりもりな感じです。

デザートも期間限定のアイスクリームが選べます。ピザのタイプは、オリジナルミックスピザとか、完熟リンゴのデザートピザなどあります。

ランチのサービスは素晴らしいから自分が見てもワクワクします。

またチョコバナナのハニートーストなんかも食べてみたいです。

お正月だというのに・・

今回の年末年始は9連休もあるようなのだが、そんなことは全く関係ない職業だ。
いや、正確にいえば休んでもいいんだけど、休みが全然もらえないのだ。
たとえ休めなくてもいいのだが、その分ほかの日に休めるのならまだしも、休み返上なので全く意味がない年末年始。
思えば去年もそうだった。家庭ほったらかして仕事をするなんて、いま流行りのワークライフバランスなんて
考えていない。
それでお金が出るのかっていうと、そんなこともなくタダ働きなのです。
これでは本当のボランティアに精を出したほうが、よっぽど世の中の為になるのに、いつか仕事を辞めてやろうという人に限って、
全然退職しないパターンに、自分も陥っている。
誰もいない会社に出社して、あれこれ雑務をやっておこないと、仕事始め日は徹夜するハメになってしまうから、
静かなうちに出社して大方の仕事を片付ける日々。
そんなこんなで本日も出社しているのだが、街中は買い物客でどこも混んでいる。
お昼どきに外出の用があったのだが、飲食店もけっこう並んでたね。こんな日はコンビニで買って会社で食べたほうがゆっくりできるというものだ。
かろうじて良かったことといえば、通勤の電車があまり混んでいないということ。
出社時間も決められているわけではないから、朝はゆっくり行ったのも良かったのかもしれない。
今年の抱負は、まず休む!ことにしよう。

掃除で気分転換

出掛ける予定がなかったり、そうしたい気分でない時に自宅での時間の過ごし方に苦慮することが時折訪れます。
テレビはあまり見ない方で、本を読んだり音楽を聴いたりが自宅での主な過ごし方です。私自身集中力がそれほど長く持続しません。ですので、読書でも文庫本1冊を読み終えるのに下手をしたら数か月掛かるほどです。何冊かを同時進行で読んでいるせいもありますが。音楽も気分が乗ればそれなりの時間を聴いていますが、気分屋なので、全く聴く気自体が起こらない時もあります。
そういった感じなので、気分の波長がかなり下向きの時は何もする気が起きず、無為に時間を過ごすことが度々です。
では、そんな時にどうやってやる気を上げるのか?
そこで普段は億劫で後回しにしがちな掃除が効力を発揮してくれます。
特に汚れが落ちるのを実感しやすい場所、具体的には本棚などの埃の貯まりやすいところやシンクの排水溝など、を掃除すると充実感が得られてそれとともに心の棘の様なものがキレイに抜け落ち洗い流される気分と言いましょうか。あらたに何かをしてみようという気持ち、つまりやる気が掃除をすることの相乗効果として醸成されてくるのです。
心がリスタートしたくて仕方がない態勢なので色々としてみたいことが躍動するかのように湧いてきます。その気持ちが爽快でたまりません。
たかが掃除、されど掃除です。

娘の育児の苦労

正月休みで娘が孫を連れて帰って来ました。孫は女の子ですが今日で3日目なのに妻にはすぐなついたのに私が顔を出すと泣き出します。どうしてでしょうか。
孫は今ハイハイをしてどこへでも行ってしまい何でも口に入れてしまいます。だから目を離せないのです。
娘は睡眠不足なのが良くわかります。これでは眠れないでしょう。悪いことに孫はお風呂が嫌いなのです。夕方お風呂の雰囲気がすると泣き出してやみません。
娘は今は妻と二人で入れていますが普段は自分ひとりで入れているので疲れると思います。
誰しも女性はしてきたこととはいえ大変なことです。一人でも大変ですから二人となるとさらに大変です。
育児の大変さが身近でよくわかりました。
しかし日本は世界に先駆けて少子高齢化の国です。女性に頑張っていただくと共に国の方針としても実際的な援助が必要な気がします。
保育所不足などがいまだに解消されないことなどはおかしいです。まず第一にすべきことではないでしょうか。
そんな状態で女性の力の活用などと言っても矛盾しすぎています。無駄な建物をたくさん建てるより保育所を作ったり子供を育てている人たちに、
援助の手を差し伸べることが少子高齢化を食い止める効果的な政策ではないでしょうか。