ニキビを治す為に気をつけること。

ニキビは多くの人ができるものです。

主に10代から20代にかけてできることが多く、一つできるだけでも悩みの種になります。このニキビは、大人になるにつれて減っていくものなので、自然に治るという事で放置する人もいます。

ですが、ニキビは皮膚病のひとつなので、放置したり誤った扱いをしてしまうと症状が悪化しニキビ痕が残る事もあります。

ニキビができる原因としてニキビ菌や過剰な皮脂の分泌が考えられます。その為には毎日の洗顔がとても大切です。

思春期の頃と同じように洗顔をしていても、大人ニキビの場合はそう簡単になくならないかもしれません。

肌の乾燥が原因になることもあるので、大人ニキビ洗顔はそれに合ったものを選ぶようにしたいところです。

朝夕各一回、洗顔をよく泡立て優しく丁寧に皮脂を落としていきます。洗顔後はローションなどシンプルなケアのみにしておくと良いでしょう。

また、早く治したいという事でニキビを潰してしまう人もいますが、傷口に雑菌が入ったり、かえってニキビ痕になってしまうので避けましょう。更に日々の生活によってもニキビに影響してきます。

偏った食事は避けるようにし、動物性の脂分や煙草やコーヒーやアルコールなどの嗜好品もニキビを悪化させることになるのでできるだけ控え、野菜を多くとり入れるようにしましょう。

もちろん十分な睡眠をとる事も大切です。あまり治りが悪かったり症状が酷い場合には、早めに皮膚科に行き診断を受けることをお勧めします。

その人にあった塗り薬や飲み薬を処方してくれるのでニキビを早く治す手助けとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です